界面活性剤および添加剤

 

新制ガラス瓶向けの表面処理剤

アルケマがガラス瓶の表面処理剤を開発・製造し始めて以来、40年以上が経ちました。新瓶向けにはホットエンドのコーテイングス剤である有機スズ化合物を提供しています。コールドエンドのコーティングス剤はポリエチレンエマルジョンを始め、界面活性剤や精製脂肪酸と商品のラインナップが豊富で、すべてFDAに適合しています。

 

全てのガラス瓶メーカーでご使用頂けるCertincoat®(ホットエンド向け)とTegoglas®(コールドエンド向け)という二つのシリーズの商品は、軽量瓶の製造、不良品の削減及び生産性の向上に貢献でき、具体的には下記の性能が達成できます。

 

  • ベルトコンベアで流れるガラス瓶を、かすり傷や破れから保護
  • 輸送中にぶつかり合う瓶を保護
  • 軽量瓶でも滑りが良くなることにより破れを低減
  • コールドエンド向けの商品に豊富なラインナップを揃えており、各種タイプのラベルに対応

回収瓶向けの表面処理剤

アルケマは回収瓶向けのコーティングス剤のみならず、塗布する設備も開発しました。

Kercoat® はガラス瓶の表面を傷付きにくくし、瓶の強度を保ちます。その結果、瓶のリサイクル率が上がり、使用寿命は2-3倍に延ばすことが可能です。

Opticoat® は充填後のガラス瓶をお化粧するようなコーテイングス剤で、回収瓶の見た目を良くし、商品価値を保つことに貢献しています。

 

飲料メーカーは常に回収瓶のかすり傷や瓶の寿命に悩まされています。アルケマは回収瓶の表面に傷つきにくくし、瓶の寿命を延ばす表面処理剤のKercoat®  を開発しました。一方でかすり傷があっても十分に厚みのあるガラス瓶はまたまた使えるケースが多々あります。その場合は充填後のガラス瓶にお化粧のように塗布するOpticoat® シリーズの商品をお試しください。瓶の表面の傷を隠し、商品価値の維持に貢献します。

 

Kercoat® とOpticoat® の両方をお使いいただくことで、今まで25サイクルで廃棄されてしまう回収瓶は50サイクルあるいはそれ以上の使用が可能になります。

en
お問い合わせ