アルケマとパートナー企業団体は、世界初の持続可能なトウゴマ栽培プログラムPragatiの第2期プロジェクトへの参画契約に署名

- プレスリリース
社会的責任 - 製品
持続可能なトウゴマ栽培プログラムPragatiの創設メンバーであるアルケマ、BASF、Jayant Agro-Organicsと実施パートナーであるSolidaridadは、第1期プロジェクトの成功を祝うために現地に集まり、2022年7月31日まで第2期プロジェクトを継続することを発表しました。
インドでのPragati 第2期プロジェクト

 

 

1月18日から21日まで、トウゴマ生産栽培農園、模範農家、地元の取引市場において3日間のツアーを開催しました。世界のトウゴマの約70%が栽培されているインド・グジャラート州でのプログラムの反響を直接見てもらうために、Pragatiのメンバー企業はトウゴマのエンドユーザーを招待しました。

イベントでは、設立メンバーが第1期プロジェクト (2016-2019) の成果を報告し、Pragati 第2期プロジェクト (2020 – 2022) の主な目標を発表しました:

  • さらに4,000人の農家へのトレーニングと認証を行い、参加農民を合計7,000人に増加
  • プログラムへの女性の参加者数を増加
  • 具体的には、ステークホルダーをSustainable Castor Association (castorsuccess.org) に積極的に参加してもらうことで、主要なエンドユーザーにも認識と関わりを深めてもらう
  • 収穫量、節水、および基本的な衛生化学の改善を継続

2016年に1,000以上のトウゴマ農家で行ったベースライン調査の結果、Pragatiプロジェクトは下記のような取り組みにより、持続可能なトウゴマ生産栽培を可能にすることを目的として2016年5月に開始されました:

  • トウゴマの収穫量と農家所得を向上させるために最善の慣行農法の実施
  • 水資源の効率的な利用と土壌肥沃度の維持
  • 適切な廃棄物管理方法の採用を推進
  • より良い安全衛生慣行の実現と人権の尊重

Pragati第1期プロジェクトの主な成果は次のとおりです:

  • 13,000トン以上の認証されたトウゴマを栽培
  • 3,000人以上のトウゴマ農家を監督・認証
  • 約5,200ヘクタールのトウゴマ農家が、SuCCESS (環境社会基準のための持続可能なトウゴマ栽培の規約) と呼ばれるトウゴマの持続可能なトウゴマ栽培方法に従ってトウゴマを栽培
  • 8,000時間以上の学科講習を実施
  • 3,000以上のトウゴマ農家に安全キットと作物保護製品の保管ボックスを配布
  • 水の利用状況をモニターする模範農家で、水の消費量を約25%削減
  • 2016年のベースライン調査と比較して、トウゴマの収穫高が50%以上増加

アルケマは、ヒマシ油から作られた100%植物由来であるアミノ11モノマーと、その主要製品であるRilsan® ポリアミド11樹脂の世界規模の新しい生産拠点を、シンガポールのジュロン島に設立します。

お問い合わせ

京都テクニカルセンター
アルケマ株式会社
en
お問い合わせ