Up

アルケマとパートナー企業団体は、世界初の持続的トウゴマ栽培プログラムPragatiを支援、プロジェクトは次のステップへ

- ショートニュース
社会的責任
インドでの初めの3年間のプログラムで、2,700人を超える農家がプログラム認証農家の認定を受け、新しいオフィシャルウェブサイトも開設されました。また、このプロジェクトはさらに3年間延長されることになりました。
トウゴマ

アルケマは、ひまし油由来の高性能バイオポリマーRilsan®Pebax® Rnew®の世界最大メーカーで、Pragatiプロジェクトの創立メンバーの一人です。現在、プロジェクトのパートナー企業であるアルケマとBASF SE、Jayant Agro-Organics、Solidaridadは、2,700軒以上のインドの農家での持続可能なトウゴマ生産栽培に力を入れています。初めの3年間で広い範囲における素晴らしい成果を上げ、さらにより多くの農家にプロジェクトへの参加を働きかけ、より多くのエンドユーザーを奨励するために、このプロジェクトはさらに3年間(2019年5月から2022年5月まで)延長することになりました。また、プロジェクトのパートナー企業は、SuCCESS(環境社会基準のための持続可能なトウゴマ栽培の規約)の管理者としてSuCCESS事務局を設立しました。この事務局は、トウゴマ栽培コミュニティ内の新しいメンバーにも開放されています。

Pragatiプロジェクトは開始以来、トウゴマ栽培農業コミュニティ内での集中的な農家の参画と、優れた慣行農法の取り組みにつながっています。現在は、この地域の参加農民の数を倍増させて7,000人にする計画です。

世界の80%以上のひまし油の生産地であるインド・グジャラート州で、2016年に1,000以上のトウゴマ農家で行ったベースライン調査の結果、Pragatiプロジェクトは下記のような取り組みにより、持続可能なトウゴマ生産栽培を可能にすることを目的として2016年5月に開始されました。

 

  • トウゴマの収穫量と農家所得を向上させるために最善の慣行農法の実施
  • 水資源の効率的な利用と土壌肥沃度の維持
  • 適切な廃棄物管理方法の採用を推進
  • より良い安全衛生慣行の実現と人権の尊重

これまでのプロジェクトの主な成果:

 

  • SuCCESS(環境社会基準のための持続可能なトウゴマ栽培の規約)の公布
  • 新しいオフィシャルウェブサイト www.castorsuccess.org を開設
  • 現在、4,000ヘクタールを超えるトウゴマ農家が、SuCCESSに基づいた持続可能なトウゴマ栽培方法に従って行われており、これまでに5,000トン以上の認証された持続可能なトウゴマを生産
  • 2つの正式な認証表彰式が行われ、第三検査機関による教育訓練、監査、認証に通った2,700人を超える主要な農家が出席
  • 2016年のプロジェクト開始時より、収穫高50%以上増加が合同加盟農家によって達成
  • プログラム参加の農家に3,000個以上の個人用安全防護具一式と作物保管製品貯蔵用ドラム缶を配布
  • 水の利用状況をモニターする模範農家で、水の消費量を約25%削減
  • 50以上の村で土壌検査と水質検査を完了
  • 5軒の模範農家を定め、他の農家を招いて優れた農耕の利点を紹介

Pragatiプロジェクトに関する詳しい情報は、オフィシャルウェブサイト www.castorsuccess.org をご覧いただくか、info@castorsuccess.org までお問合せください。

 

BASF SEは世界有数の化学品会社です。 Jayant Agro-Organics Ltd.は、インドにおけるひまし油を主原料とする化学品のパイオニア企業です。 Solidaridadは国際的な市民社会団体です。

en
お問い合わせ