アルケマ、PMMA事業の売却を完了

- プレスリリース
企業情報 - 財務 - 製品
アルケマのトリンセオ社へのPMMA事業の売却は、2024年までにスペシャリティマテリアルに特化した化学品メーカーになるという野心的な事業計画の一環であり、売却は本日終了しました。

12月14日の発表以降、アルケマとトリンセオは、取引を完了するためのすべての手続きを進めてきました。

 

売却される事業は約860人の従業員と7つの生産拠点 (欧州に4か所、北米に3か所) を有し、プラスチック、合成ゴム、ラテックス接着剤の生産を専門とする会社であるトリンセオに加わります。

 

売却の純収入は11億3,700万ユーロ (事業価値)で、この額面の約15%分に相当するキャピタルゲイン課税 (譲渡所得課税) が含まれています。

 

アルケマグループは、接着剤ソリューション、先端材料、コーティングソリューションの3つの補完的な事業部門に焦点を当てて、2024年までに持続可能で革新的なスペシャリティマテリアルに特化した化学品メーカーになるという野心的な組織再編のもう1つの大きな一歩を踏み出しました。

 

 

お問い合わせ

コミュニケーションズ
アルケマ株式会社
en
お問い合わせ