アルケマ、中国常熟工場でリチウムイオン電池用Kynar® フッ素系樹脂の増産を開始

- プレスリリース
企業情報 - 財務 - 製品
アルケマは、2020年12月より、中国の常熟工場でリチウムイオン電池事業向けにKynar® フッ素系樹脂の生産能力を約50%増強し、2021年1月に製品供給を開始いたします。
電気自動車

 

電気自動車、家電製品、エネルギー貯蔵の需要の力強い成長により、世界のリチウムイオン電池市場は急速に拡大し続けています。アルケマは、高性能電池の電極バインダーとセパレーターコーティングの両方に使用されるフッ素樹脂材料の革新的なパイオニアとして、技術革命を可能にする役割を果たし続けています。

アルケマは、数十年にわたるフッ素系樹脂PVDF生産の世界的リーダーであり、当初よりリチウムイオン電池市場への革新的なサプライヤーでした。当初は家電製品や電動工具向けとして始まり、その後はスマートフォンやその他スマートデバイスの世界的規模での急速な普及、近年は電気自動車や風力・太陽発電などで使用されるエネルギー貯蔵システム (ESS) 市場の成長によって、製品の需要も大きく増えています。

en
お問い合わせ