Up

アルケマ、中国のサートマー社工場で光硬化樹脂の生産能力を30%増強、生産を開始

- プレスリリース
企業情報 - 財務 - 製品
アルケマは、中国広東省南部南沙にある光硬化機能性樹脂の生産工場において、30%の生産量拡張を開始しました。 この新しい生産ラインをオープンすることにより、電子機器、接着剤、インクジェット印刷市場における、アジアでの強い需要に対応することが可能になります。この投資は、最先端の持続可能な光硬化技術のために、最先端のソリューションを開発する、サートマー社の戦略の大きなサポートとなります。
中国南沙の光硬化樹脂工場

 

 

新しい生産ラインでは、最先端のUV、LEDおよびEB(電子線)機能性樹脂を生産し、それらの製品は電子機器などのハイエンドアプリケーション向けの光硬化用途に優れた機能と性能を備え、スマートフォン、タブレット、テレビ画面だけでなく、プリント回路の製造や設計にも使用されています。

 

この生産ラインでは、サートマーのユニークな3Dプリンター向け樹脂製品シリーズN3xtDimension® も生産しています。

 

ヨーロッパ、アジア、米国に生産拠点と研究開発施設を持つサートマーは、特殊な光硬化樹脂の世界的リーダーです。各地において存在感が高く、オーダーメイド開発のための高品質な技術サポート、および現地での迅速な物流サービスを提供しています。

サートマーの無溶剤特殊機能樹脂は環境にやさしく、揮発性有機化合物(VOC)の低排出量に関する世界基準に準拠しています。また、国連の持続可能な開発目標(SDG)に貢献するするために、持続可能な解決策を開発・提供するというアルケマの戦略の一環でもあります。

 

 

お問い合わせ

横浜事業所
アルケマ株式会社
en
お問い合わせ