風力発電業界の持続可能エネルギーへの移行を強力にサポートするアルケマ

- プレスリリース
世界初の100%リサイクル可能な風力発電ブレードの設計・生産という意欲的なプロジェクトに賛同する企業と研究機関のグループ、ZEBRA (Zero wastE Blade ReseArch、廃棄物ゼロブレードの研究) の参加企業であるアルケマは、熱可塑性液状樹脂Elium®を通じて複合材料市場における中心的存在としての地位を強化しつつあります。Elium® は、事業と製品の両方から循環型経済の取り組みに完璧に調和するものとしてアルケマグループが独自で展開している樹脂です。
風力発電用途に適したElium®

初の100%リサイクル可能な風力発電ブレードの製造を目指す究極のプロジェクトZEBRA (Zero wastE Blade ReseArch) コンソーシアムがスタートしたのは9月22日。Canoe (カヌエ)、Engie (エンジー)、LMウィンドパワー、オーウェンスコーニング、Suez (スエズ) とともに中心的役割を果たすアルケマは、その高性能素材を通じて環境に優しく持続可能な風力発電ソリューションの開発に貢献しています。

アルケマはその熱可塑性液状樹脂Elium® と構造用接着剤を通じて複合材料市場に画期的なイノベーションを提供し、風力発電ブレード製造を中心とする数多くの分野で新たな展望を切り開いています。

 

Elium® 樹脂コンポジットには次のような特長があります:

  • 熱硬化性樹脂を主体とする複合材料に現在使われているものと同じ生産ラインで使用可能:競技用単胴船/多胴船のRTM(レジントランスファー)成型、建設業や自動車部品のための鉄筋/ケーブル引き抜き成形など、Elium® 樹脂は多くの産業用途で実証済みです。
  • 100%リサイクル可能:Elium® 樹脂の大きな利点として、スクラップや耐用寿命が終わったコンポジットの100%マテリアルもしくはケミカルリサイクルが可能です。

ZEBRAプロジェクトを通じて風力発電業界では、各段階の製造工程の開発と最適化に重点を置き、100%のリサイクルを目指しています。

 

このため、アルケマの熱可塑性樹脂Elium® がこのプロジェクトの要となっています。風力発電事業者は、Elium® のすぐれた機械的特性と多数の試験で実証されてきたリサイクル性能を入札仕様書に盛り込むことにより、大きな前進になることを期待しています。

 

さらに、樹脂をケミカルリサイクルすることにより、バージン材と同じ特性を維持しながら無限に利用できるため、循環型経済にうってつけの技術となっています。

このコンソーシアムにおけるアルケマの立ち位置は、循環型経済のアプローチでプロダクトデザインの模範になるというグループの強い意志とリーダーシップを実証するものです。アルケマは、国連の「持続可能な開発目標 (SDGs) 」の第7番目の目標、「すべての人に手ごろで信頼でき持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」に貢献できる、持続可能で革新的なソリューションを提供することを目指しています。

en
お問い合わせ